TEL 029(879)5856 自家焙煎珈琲豆とワインの専門店『フレスタプラス@あらの珈琲』
つくば市並木周辺で おしゃべりしながら気軽にコーヒーを 飲めるお店をお探しのあなたへ

コーヒードリップの抽出

2018年1月8日
こんにちは!つくば市並木ショッピングセンターにある自家焙煎コーヒーと
イタリアワインの専門店 フレスタプラスあらの珈琲 焙煎人荒野っす!


先日コーヒー抽出での質問があったのでシェアします


内容は
「冷凍保存していたコーヒー豆をドリップした際、お湯が弾かれる=お湯が落ちない」
因みに抽出湯温82℃。


こんなメールをいただきました。



当店をよくご利用してくれている方なので、その豆の焙煎日も大体把握してます。
今で焙煎から1ヶ月弱くらいだと思われます。

購入後すぐ冷凍保存したらしいので、今までの経験、自分の焙煎方法からして
まだまだ蒸らし時も膨らむと思われます。

では湯温が関係しているのか? 今回の豆は「ゲイシャコーヒー」なので
浅い焙煎なので90℃くらいで抽出が良いと思いますが、、お湯に弾かれる
要因とはまた違うと思われます。


僕の見解はたぶん挽き目のような気がします。粉のメッシュです。




昨日実際にその豆をご持参くださった際、当店ろみひが淹れました。
やはり膨らんだそうです。もちろん弾かれるような事もなく。。。



さらに本日実際に1年前に焙煎して冷凍していたコーヒー豆をドリップ
しました。メッシュは当店のデフォルト。湯温は同じ82~80℃

コチラの動画をご覧ください。


結果かなり古く、サンプル等で出し入れもしていたので
蒸らしても膨らみませんが、、、お湯に弾かれることなく落ちていきました。

だから湯温が要因ではないと判断しました。




次に同じ古い豆で、、、、今度はメッシュを細挽きにしてのドリップ






やはり蒸らし時弾かれはしませんがお湯の通りは悪いです。



本格的に抽出を開始するとやはり弾かれてキマシタ。







じゃぁ~~~~ 現在販売している浅煎りの豆でメッシュを細かくすると
どうなるのか??も。。。




10日以上は経過してますが、、、ガスがまだあるので
膨らみます。





しかし途中から湯溜りになりお湯が落ちにくくなってきました。



全ての可能性を潰したわけではありませんが、、、、


やはりメッシュが一番の要因だと感じます。



特に浅い焙煎の豆は硬いのでとくに細かく挽くと、、、、
お湯に弾かれやすいです。


深煎りなら豆の柔らかいのでそこまで弾かれることも
ないかなぁ、、、、 そしてご質問時「湯温が低いせいか?」も
深煎りコーヒーなら82℃あたりは全然OKですからね。




検証した結果こんな感じです。


【荒野のオススメ】
もしあなたが冷蔵庫や冷凍庫で眠っている古いコーヒーを飲む際には

①通常のメッシュより粗目に挽く。

②その分1.5倍くらいの量の豆を使う。

③蒸らす時間も30秒はしっかり蒸らす。

④はじめお湯が通りにくいので細くゆっくり
 湿らすようにドリップする。




こんな感じやってみてください。