最新情報
Information

最新のお知らせ


2021年9月13日 : コールドブリューとアイスコーヒーの違い!
コールドブリューとアイスコーヒーの違い!


つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。今日は最近スタバあたりでよく耳にする「コールドブリュー」とは?アイスコーヒーとどう違うのか?をご紹介してきます。


■コールドブリューとは?

コールドブリューとは、コーヒーの抽出方法のひとつであります。「COLD(コールド)=低温」、「BREW(ブリュー)=抽出」という名前のとおり、お湯ではなく水で抽出する方法なわけで、、何つー事ない!「水出しコーヒー」です。「水出しコーヒー」より「コールドブリュー」の方が響きは断然格好良いしね。笑

特徴としては抽出器具によって異なるが、コールドブリューは、約8~12時間かけてじっくりコーヒーのエキスを抽出します。コールドブリューコーヒーは、苦みが少なく、まろやかでクリアな味わいになる。なのでコーヒーが苦手な人にも人気が高い。スタバでは、コールドブリューコーヒーをアレンジした「コールド ブリュー レモネード」や「コールドブリュー コーヒー フラペチーノ」っていうメニューがあります。ファミリーマートでは、K-POPアーティストBTS(防弾少年団)とのコラボ商品としてコールドブリューコーヒーを使ったドリンクが販売されており、近年日本でもコールドブリューの人気が高まっているのも確か?※たぶんコールドブリューって響きに誘われるヒトが多い。。。



※因みにコーヒー豆(粉)にポットのお湯を注ぐハンドドリップ製法を、ホットブリューとも呼ぶ。。。




.■ホットブリューやアイスコーヒーなどとの違いは何?
「ホットブリュー」との違いは粉にお湯を注ぐハンドドリップがホットブリュー。ホットブリューはお湯を使いコールドブリューは水を使うため、できあがったコーヒーは温度が異なる。コーヒーに含まれるカフェイン量に大きな違いはないが、コーヒー豆の酸は、熱を加えるほど変化する。ホットブリューで淹れたコーヒーのほうが、苦みや酸味が強くなりますね。



「アイスコーヒーとの違い」はというと「コールドブリューコーヒー」と並べてしまえば同じように見える。しかし両者は、根本的な作り方が異なる。アイスコーヒーは、ホットブリューで淹れたコーヒーを氷で冷やしたもので同じような冷たいコーヒーでも、アイスコーヒーのほうが苦みや酸味を感じやすい。




■■ダッチコーヒーとの違い■■※Dutch Coffee(ダッチコーヒー)とはコチラをご覧ください。

ダッチコーヒーとコールドブリューコーヒーは、どちらも「水出しコーヒー」と呼ばれるが、水出しの方法が異なる。コールドブリューコーヒーの水出し方法は、水出し麦茶のボトルをイメージするとわかりますね。水にコーヒー豆を直接浸して、エキスを抽出します。一方、ダッチコーヒーは専用器具を使って点滴のように1滴ずつ抽出します。



ん??「コールドブリュー」またまた新しい単語が出てきたぞ!!って思われる方も・・・要は従来ご家庭でコーヒーの粉を浸透させてつくっていた「水出しコーヒー」です。熱を加えない分香りが残りやすく苦みや酸味が少なくすっきりとしたマイルドな味わいですので、、コーヒーが苦手な方にも支持されるのも納得なわけですね。




最新情報はコチラです。
2021年9月13日 : Dutch Coffee(ダッチコーヒー)って知ってます??


Dutch Coffeeって知ってます??

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。Dutch Coffee(ダッチコーヒー)コーヒーに興味がある方なら一度は耳にしたことありますかね・・・ダッチコーヒーは、熱湯で入れるコーヒーではなく、水でゆっくりと時間をかけて抽出するコーヒーのことで、要は「水出しコーヒー」です。但しみなさんが良く知っている水出しコーヒーは浸透式タイプであってダッチコーヒーはウォータードリッパーと呼ばれる専用器具を使い、時間をかけて点滴のように一定間隔で1滴ずつ抽出します。




■ダッチコーヒーの魅力は・・・・

挽いたコーヒー豆の中に、水を一滴ずつゆっくりと落とし、じっくり時間をかけて抽出するため、一滴一滴にコーヒーの香りや風味をしっかりと閉じ込めることができるのです。抽出時の味のバラつきも起こりにくく、最初の一口目から最後まで、変わらない味わいを楽しめます。芳醇な香りがありながらも、すっきりと飲みやすい味わいのコーヒーになりますね。





■ダッチコーヒーのルーツ

ダッチコーヒーは、戦前、インドネシアがオランダ領だった時代に、発明されました。インドネシアで栽培されているコーヒー豆の品種は苦みやえぐ味が強く、熱湯で抽出すると、それらがそのまま出て、飲みにくい味になってしまいます。そこで、苦みやえぐ味を抑えて、雑味のないすっきりとした味わいになるよう、水で時間をかけて抽出する方法が考案されました。古くは、木の枝などの高いところに袋を吊るして、コーヒーを濾過しながら下の容器に溜めるという原始的なスタイルで行われていた抽出方法だといわれています。




最新情報はコチラです。
2021年9月6日 : コーヒーの表年・裏年(表作・裏作)って知ってる??
つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。


コーヒーの表年・裏年(表作・裏作)って知ってる??


コーヒー豆の収穫には、『表年(表作)』と『裏年(裏作)』があるのをあなたはご存知でしょうか?チェリーがたくさん実り、収穫量が増える年を『表年』、逆に収量が落ち、収穫量が減る年を『裏年』といい、これらが交互にやってきます。これを『隔年結果』といい、コーヒー以外にもミカンやリンゴなどでも同様の現象が起きることが知られています。




表年では果実成長のために光合成などによって生まれる養分が多く使われ、そのぶん裏年では栄養不足となってしまうためと考えられています。この隔年結果が大きく影響するのが、、、、



世界最大のコーヒー生産国であるブラジルの生産量なんですね~。ブラジルの生産量は世界のコーヒーのうち約3割を占め、その収穫量の推移はコモディティコーヒー(安価なコーヒー豆)の市場価格に大きな影響を与えます。




スペシャルティコーヒーやフェアトレードコーヒーを除くコモディティ(コマーシャル)コーヒーの国際相場は、NY市場の先物取引によって変動するのですが、原則として収穫量が多いと価格が下がり、少ないと価格が上がる、という傾向になります。つまり、ざっくりとした目安としてはブラジル表年にはコーヒーの国際価格は下がり、ブラジル裏年にはコーヒーの国際価格が上がる、ということですね。※因みにスーパーあたりで販売している○○○ブレンド400g498円とかは今後価格が高騰するんじゃないでしょうか・・ブラジルコーヒーの生産量減少が大きな要因です。




今年はじめ日本に入ってきた2020/2021クロップのブラジルは、表年で天候にも恵まれ、大豊作でした。収穫量が多いだけでなく品質も安定していて、心配されたコロナの影響も少なく潤沢な流通量となっています。



しかし、その分裏年となる来季2021/2022クロップは大幅な減産が予想されています。
あくまで予測ですが、2020/2021と比べて1,500万袋もの減産となる見込みだそう。
これは、通常の裏年に比べても大幅な減産で、開花の時期の降雨量が少なかったことも影響していると言われています。さらに追い打ちをかけて今年7月の大規模な霜害の影響は今後あるんじゃないかと。。。




そうなると心配なのが、先ほどご説明したように国際価格の高騰。NY市場の国際価格とは異なる価格基準の当店あたりで使用しているスペシャルティコーヒーでも、それなりの余波は避けられないのかも??今後値上げになる銘柄等あるとおもいますね。じゃ今すぐ値上げします!!っていうことではありませんがコーヒー業界全体にとっては少なくない影響があると思われますので、今後の動向は気になりますね。。。




まぁとにかくコーヒーに限らず流通の影響も段々と出てきているので色々なモノの価格は上がるでしょうね。




最新情報はコチラです。
2021年9月6日 : コーヒー豆の価格を左右するブラジル生産地の大規模な霜害
◆コーヒー豆の価格を左右するブラジル生産地の大規模な霜害


つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
今年に入りコーヒー豆(生豆)が高騰するとかしているという
話題も結構耳にします。。。。


先物相場の影響でしょうかね。。。




さらに高騰がプラスされる要因が・・・・・

コーヒー栽培は気象の影響を受けやすく、コーヒー豆の価格は
生産地の毎年の収穫量に大きく左右される。2021年7月に、
世界最大のコーヒー生産国ブラジルは寒波と霜の被害を受け、
来年の収穫が落ち込むことが予想されています。


既に9月より某大手コーヒーメーカーは店頭価格を20パーセント
ほど上昇したと。。
その背景にコーヒー生産国ブラジルの事情が大きいみたいですね。


さらに2021年、ブラジルは1年おきにくる生産量の少ない
「裏作」の年
にあたり、もともと生産量が少ない上に、
2020年11月以降の降雨不足で生産減少が見込まれていた。


◆そしてダメオシで!!
ブラジルの生産地を、7月にさらなる天候不順が襲ったわけです。
7月20日、主要生産地である南部のミナスジェライス州
などが霜の被害に見舞われチャッタ!!




霜が降りると、コーヒーノキの葉にダメージが及びます。
葉が茶褐色に枯れてしまい、若い木であれば枯死てしまうことも
あるという。コーヒー豆の収量が落ち込み、
回復には何年もかかる場合があるといわれます。




ブラジルのコーヒー収穫は例年8月ごろまでとされており、
7月後半は収穫が終わりに近づいているため、霜害は今年の
生産に大きな影響を与えるとは見られていないみたです。



むしろ、過去最高だった2020年の収穫に匹敵すると
期待されていた、表作の2022年の収量への影響が
懸念されている。こっちの方が影響するかも??




コーヒー最大の消費国であるアメリカでは、コロナ禍で落ち込んでいた消費がこれから回復すると考えられていたところに生産量低下の懸念が高まり、取引価格の急騰につながったのが要因ですね。



最新情報はコチラです。
2021年9月3日 : 9月おすすめコーヒー豆「アンクル・ケニア」本日より販売スタートしました。
つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。お待たせしました!『9月のおすすめコーヒー豆』本日より販売スタートしました。

オリジナルブレンド アンクル・ケニア
■オリジナルブレンド『アンクル・ケニア』(ケニアレッドマウンテン+スマトラマンデリ)100g850円(918)200g1650円(1782)300g2475円(2673)※ハガキ会員&メルマガ会員限定300g2250円(2430)



7年ぶり位に復活するオリジナルブレンドなんですね~。以前もお話しさえていただいきましたが当時よく通ってくれていたケニア好きのオジサンがいつものケニアに苦味のアクセントが欲しいので深煎りのマンデリンを1割、2割ブレンドしていって飲んでいたコーヒーです。最後はケニア50%マンデリン50%までいったらさすがにこれは苦いっ!と。。。笑。こんなエピソード付のコーヒーをボクがアレンジして纏めたブレンドです。一見相反する銘柄同士のブレンドもドンピシャにハマると想像を超えた奥行きの深い旨味が生まれます。ケニアの柑橘とスパイスがミックスされた深みとマンデリンの上質な苦味とコク。いつまでも口中に旨味の余韻が残ります。


『アンクル・ケニア』というネーミングも別の常連さんが「そんなエピソード付のコーヒーならアンクル・ケニアがいいじゃん!!」と命名してくれました。ネーミングも1発でハマりました!!





なんせウチに来て「ハムエック卵2個」頼んだりとか、、、勝手にバナナ剥いて食べるような個性的な「濃いキャラ」なおじさんが好んだように味わいも香りも個性の強いコーヒーです。だから決して万人ウケする味わいじゃありません!!だからこそ、、、興味湧く方も多いのでは、、、逆に飲んでみる価値があるんですよね・・・・





今日改めてロミヒちゃんと二人でテイスティングしました。ドッシリしたコクがあって余計な苦味がなくやはり良い感じです。ぜひ一度は飲んでみてください。




最新情報はコチラです。

お問い合わせはこちら
029-879-5856
営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日