南仏ラングドックのシャルドネ100%で醸した2種類のスペシャルな白ワイン。

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
昨夜いつもの少数メンバーでセミナーを兼ねたワイン会を開催。
南仏ローヌの赤ワイン同銘柄2014~2017の4ヴィンテージでの
ブラインドテイスティング。その後は3月、6月の試飲販売で出展した
同じく南仏ラングドックのシャルドネ100%で醸した2種類のスペシャルな白ワイン
の飲み比べ。


1990年より続く世界規模のワインオークションが南仏リムーで開催されています。
名だたる有名三つ星シェフ達をはじめ数千人が参加してくる大規模なオークションです。
その有名オークションで(株)イイダさんが落札してきたワインの飲み比べ。
十分過ぎるほど内容は濃かったですね。

お復習いの意味でオークションロットの白は↓ 


画像向かって右
■シュール ダルク トック エ クロシェ ド グラース2018 8500円
(南仏/ラングドック・ACリムー/特別栽培シャルドネ/辛口・白)

■シュール ダルク トック エ クロシェ ド ペロール2018 8000円
(南仏/ラングドック・ACリムー/特別栽培シャルドネ/辛口・白)
画像向かって左

※販売価格は落札時の関係です。


~雹被害を免れ僅かに収穫されたシャルドネから造られた贅沢なワイン~
◎3月の試飲販売会で出展されたのは画像右の「グラース2018」
雹の被害の関係で通常1人の栽培家がオークション用のブドウを栽培、ワインにしますが
例外的にこのボトルのみ2人の生産者の合作です。まれに見る雹被害の結果生まれた恐らく
2度と出てこない貴重なワインです。樽の風合いがバシっと効いた濃い果実感たっぷり
力量感溢れるワインです。


~僅か0.3ヘクタールの畑から醸される超至極のワイン~
◎そして6月の試飲販売会で出展された画像左「ペロール2018」

南仏リムー地方で最も標高の高い地区「ペロール村」にこの人あり!と名高い栽培家
によるシャルドネから造られるワイン。リムーの中でも特にミネラルが豊富といわれる
地区から生まれたまさに傑作品!ミネラリーで綺麗な酸味が魅力的なワインです。



改めてこの2種を同時に飲み比べしてみると違いは歴然!造り手のキャラクターがモロに
出た存在感と気品を兼ね備えたまさに至極なワインと言えるでしょ!!


どっちが美味い?・・・・でなく! どちらも美味い!あとは各々の好みでしょうね。。


強いて言えば、、、、
ブルゴーニュシャルドネのようなミネラルが豊富で繊細で綺麗な酸味の余韻を楽しみ
たい方は画像左の「ペロール2018」でしょうね。

逆に同じブルゴーニュでも南部で醸される果実の甘みもありボリューミーな白ワインを
好まれる方は画像右の「グラース2018」をおすすめします。



今すぐ飲んでも然り、、あと数年セラーで寝かせて熟れるのを待つ楽しさもありな
ハイクオリティーなワインには間違いありませんから。



因みに8/12までにご予約された方には特別価格もご用意しております。

購入ご希望の方、ご質問お問い合わせの方はコチラのフォームからメールしてください。
お電話の方は029-879-5856まで




https://www.frestaplus.com/71866/author/7283/?blog=7283