毎年11月第三木曜日解禁のボジョレーヌーヴォー。今年は11/19です

ボジョレーヌーヴォー2020
つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。
毎年11月第三木曜日解禁のボジョレーヌーヴォー。今年は11/19ですね。
さて今日は毎年当たり前のように耳にする『ボジョレーヌーヴォー解禁!!』
そんなボジョレー・ヌーボーを飲んだことはあるけど、そもそもボジョレー・ヌーボーってなに?
という方いませんか。


ボジョレー・ヌーボーを、日本語に訳すと、ボジョレーはフランスの「地区名」。ヌーボーは
「新しい」「初物」などの意味がありますので、「新酒」。ボジョレー・ヌーボーとは「
ボジョレー地区の新酒」ということになります。

その他にもボジョレー・ヌーボーと呼ぶには、ガメイというブドウ品種を使用することが
法律で決まっています。


・フランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で造られるワイン
・収穫した年に、販売される新酒
・ガメイ種を使用している



上記の、3つがポイントになります。「ボジョレー」もブルゴーニュ地方のひとつの
エリアですよ!!


■ボジョレーヌーボーの歴史
元々ボジョレー・ヌーボーは、ブドウの収穫を祝うお祭りでふるまわれたワインでした。
それが「ボジョレー・ヌーボー解禁」というイベントとして、世界中に広まっていたわけです。

さらになぜ日本でこんなにボジョレー・ヌーボーが流行したかというと、本場フランスよりも
解禁時間が8時間も早いことで「フランスより先に飲めちゃう!」というところが一番の理由だと。

そして元々11/15解禁でしたが、年に寄っては
解禁日が週末に重なると出荷がスムーズに行かない、11月11日の第一次世界大戦の休戦記念日に
近いなど、さまざまな問題があり11月の第3木曜日に落ち着いたと。



◆ボジョレーヌーヴォーの作り方
通常のワインは房から実をはずし、種と種皮ごと砕いたものを樽で発酵させるのに対し、
ボジョレー・ヌーヴォーは基本的に房を丸ごと発酵槽に入れ、どんどん詰め込んでいきます。
すると下の方のぶどうは当然重みで潰れますよね?

そして潰れたぶどうが自然に発酵されると、タンクの中に炭酸ガスが
充満します。数日間炭酸ガスの中に漬け込んでおく醸造法です。
これを「マセラシオン・カルボニック製法」といいます。

するとブドウの粒の中で、自然に発酵が起こり、酸味が柔らかくなり、甘くフルーティな
香りが生まれ、皮から色素も溶け出しやすくなります。この状態の房を絞り、あとは
白ワインと同じように発酵させる事で、長く寝かせなくとも、フレッシュでフルーティな
味わいを楽しめるワインに仕上がります。これがボジョレーでつくる『ヌーボー』(新酒)です。


■ヌーヴォー味わいの特徴
ボジョレー・ヌーヴォーの特徴は、イチゴやラズベリー、キャンディなど、甘くフルーティーな香りを放つところです。口当たりも軽やかでタンニンが少なく、華やかな風味を楽しむことができるので
普段ワインを飲み馴れていない方でも飲みやすく、初心者の方にも受け入れられやすい味わいですね。
◆料理とのペアリングも鶏肉や火を通したお魚ですかね。生ならサーモンとか、、、むしろジャンクに
 ケンタッキーフライドチキンとかのノリでも十分!あとフルーティーさがトマトの酸味と相性が良いので
重たい味にならないような煮込み料理。 チーズならクセの強くない「カマンベール」とかでしょうかね。
とにかく「気軽さ」がウリですので、、、あまり考えすぎなくてOkです。




ヌーヴォーを愉しもう!!

「ボジョレーヌーボーは赤ワインにして赤ワインにあらず」といわれることもあるように、
ふつうに熟成される赤ワインと違い、フルーティーでさわやかな口当たりが特徴
じっくり味わって飲む熟成ワインと違うので冷蔵庫で1時間ほど冷やすほうが、フレッシュな
ヌーボーらしさが引き立ちまよね。

そして「ボジョレーヌーヴォー」やイタリアの新酒「ノヴェッロ」を飲む目的は
「お祭り」です!フレッシュなワインを飲めるのはヌーボーだけ。そして、秋にしか
お目にかかれない貴重なワインです。ワインを飲み始めたばかりの方も、飲みなれている方も、
この機会を逃さずにね!!



最新ワインブログはコチラです。