試飲販売会出展「ワインの女王様」バレバレスコとはどんなワインなのか?

つくば市フレスタプラス@あらの珈琲 焙煎人荒野です。今日は「バレバレスコとはどんなワインなのか?」です。

バルバレスコとは、イタリア北西部にあるピエモンテ州のバルバレスコ村周辺の地域で造られる高級赤ワインのことで、バローロと並び、最高級イタリアワインの1つと称されています。特に日本ではバローロのほうがバルバレスコよりも名前が知られていますが、香りや味わいにおいてはバローロに劣っているわけではないですね。一時期ワイン業界では「バルバレスコはバローロの弟分」として苦しんだ時期もありますが、今ではバローロが「ワインの王様」と称されているのに対して、エレガントな味わいや香りからバルバレスコワインは「ワインの女王様」と称されています。バルバレスコの産地もバローロの産地もアルプス山脈の麓にあり、夏は日差しが強く乾燥する一方で、冬は厳しい寒さとなり雪の多く振る地域です。厳しい寒さの中で栽培されるネッビオーロという品種のブドウだけを使ってバルバレスコワインが造られます。(この点はバローロと同じです。)

黒ブドウのネッビオーロ種からは造られるこのワインは
タンニンが強く、長期熟成型です。


■バローロとの違い。
いずれのワインもネッビオーロというブドウ品種のみを使って造られており、長期熟成型の高級赤ワインです。決定的な違いは法定熟成期間と味わい・香りの違いです。バローロは38ヶ月(そのうち18ヶ月は樽熟成)で、バルバレスコは26ヶ月(そのうち9ヶ月は樽熟成)となっており、バルバレスコのほうが法定熟成期間は短めです。その影響もあってなの?味わい・香りにも違いが現れます。




赤ワインの醸造工程ではマセラシオンといってブドウ果汁を果皮・種子とともに入れ、アルコール発酵をしながら果皮・種子に含まれるタンニン(渋味成分)をワインに移していきます。いわゆる「醸し」ですね。このマセラシオンの工程においてもバルバレスコのほうが短い期間となっているのでバローロと比べて渋味や酸味が柔らかく、エレガントな味わい・香りに仕上がってきます。タンニンが多く含まれるワインのほうが寿命が長くなり、長期の熟成が必要になることから、バルバレスコのほうが熟成が進みやすく、比較的早いタイミングで飲み頃を迎えます。




今やイタリアワインを筆頭するワインの1つとなったバレバレスコですが、最大の要因は「イタリアワインの帝王」とも呼ばれるアンジェロ・ガヤ(Angelo Gaja)の存在と功績を無くして今の地位はありません!※ぜひ雑学としてしっておいてください。



帝王「アンジェロ・ガヤ」

1960年代末に家業のワイナリーを継いだガヤは、フランスへの視察旅行で刺激を受け、発酵温度管理や新樽を含む小樽の導入、単一畑名ワインの創設、仏系品種(シャルドネやカベルネ・ソーヴィニョンなど)の栽培開始などを次々と行っていきます。革新的な方法は高く評価されており、イタリアの有名なワイン評価誌ガンベロ・ロッソにおいて幾度となく最高評価を取り、イタリア各地の生産者たちにも大きな影響を与えました。




現在においても「バレバレスコ」=アンジェロ・ガヤですね。




6/12開催の試飲販売会でも2種類のバレバレスコが出展します。同じ2015ヴィンテーの「レギュラーバレバレスコ」と「クリュバレバレスコ」の飲み比べです。ぜひこちらもお楽しみください。




試飲販売会の最新情報はコチラです。