『王冠グロ』荒野の独断と偏見満載のテイスティングコメント

~荒野の独断と偏見満載のテイスティングコメント~


↑テイスティング初日の模様を動画で・・・

12周年記念キャンペーン!『王冠グロ』の詳細はコチラから!


まずはろみひちゃんが「何これ!ヤバいね!」と唸った
〈オート・コート・ド・ニュイ「ブラン」白2017〉通常価格5700円+TAX
グロ・フレール ワインテイスティング

ゴールドというかまさに黄色!の色合い。まったりとした印象を受けます。香りは2015ヴィンテージまでの主張の強い樽を前面に出した感じではなく、あくまでもフルーツ香が前面に。後から柔らかい樽の香りを追いかけてくる
イメージですかね。それでもロミヒちゃん曰く「樽の香りもちゃんとあって好きっ!」と。

【味わい初日】
熟れたグレープフルーツのような甘みのある柑橘があり、後口のミネラル感は程よい。相変わらずのバランス感。飲み口も心地良いです。引っ掛かりの少ない一貫した滑らかさはさすがグロの一言!

【味わい2日目】
全体的な印象は初日とほぼ変わらず。しかし若干丸い印象でした。

【味わい3日目】
良い感じに果実の甘みが出てきました。グレープフルーツ感から南国フルーツへと変化してます。パイナップルです。熟れた果実味と初日より丸みを感じる樽香が交わりあった丸みある味わいが清々しく心地よいバランスになってます。これもしっかりとした酸が下支えてしているからこそ。まったりとした旨味は3日経っても健在でした。
たぶんあなたも好きなテイストかなぁと感じました。


SO2無添加の白ワインってすぐに色落ちしてしまっり酸化臭が出たりするワイン多いですが、そこはブドウのポテンシャル、土壌のポテンシャル、そんじゃそこいらの自然派ビオワインとは一線を画すクオリティーってことですね。



〈オート・コート・ド・ニュイ「ルージュ」赤2017〉通常価格4900円円+TAX
グロ・フレール テイスティング

開けたてからイチゴのベリー系の香りがあって飲む前から香りだけも満足感を感じます。実に心地良い香りです。
色合いも透明感ある少し黒みかかったきれな赤してます。

【味わい初日】
タンニンは非常にスムースでなめらかです。果実の主張のある滑らかな味わいです。SO2無添加ワインにありがちな酸化的なニュアンスもなくめっちゃ透明感ある味わいです。この辺もその辺にあるショボい自然派ワインとの違いですかね。決して弱々しいチャーミングなピノノワールでなく味わいにしっかりと芯を感じます。


【味わい2日目】
初日に似てるけどよりベリー香の広がりを感じました。これでもかっ!っていうくらいのベリー感。心地良さは
健在です。



【味わい3日目】
香りには少し胡椒っぽいスパイスを伴ったニュアンスも感じます。味わい柔らかくなってます。円熟感も増しています。酸もより丸く・・・果実感もより丸く・・・・そしてしなやかなテイスト。
↑この辺りがピークなのかも?ですね。



以上「荒野の独断と偏見満載のテイスティングコメント」をお伝えしました。
グロ兄弟の弟「ベルナールグロ」の後継者である息子「ヴァンサングロ」が現在のワイン界に一石を投じた試み「SO2無添加」ヴァージョンの最終ヴィンテージ2017。自然派ワインのナチュールぽいニュアンスは随所に感じつつもそこはブルゴーニュの名門が造っているわけです。酸化防止剤無添加だからどうのこうのっていうレベルでなく『王冠グロ』がSO2無添加でワインを造るとこういう感じになるのね?他と比較にならない

唯一無二のワインなんだとおもいます。




ワインの最新情報はコチラ