ブルゴーニュワイン地図








ブルゴーニュのワイン産地は大きく見て5つのエリアに分かれています。今日はその中でも特に素晴らしいワインを産出する地区『コート・ド・ニュイ』『コート・ド・ボーヌ』に絞ってお伝えします。


赤の銘醸ワインが多く造られているエリア『コート・ド・ニュイ』


ブルゴーニュワインの代名詞的存在「ロマネ・コンディ」「リシュブール」の畑がある「ヴォーヌロマネ」先日の試飲販売会でも出展した「シャンベルタングランクリュ」がある「ジュヴレシャンベルタン」と多くのグランクリュ(格付け特級畑)、プルミエクリュ(格付け一級畑)が存在するエリアです。世界的に見ても名立たる銘醸赤ワインの中枢地区です。メジャーな赤ワインも多いです。



白の銘醸ワインが多く造られているエリア『コート・ド・ボーヌ』



北のコート・ド・ニュイが偉大な赤ワインの産地であるのに対し、コート・ド・ボーヌは上質な赤ワインとともに偉大な白ワインの産地であります。ぶどう栽培面積に於いてはコート・ド・ボーヌがニュイの倍近い広さを誇ります。ウチの試飲販売会でもお馴染みの銘醸地がズラリと!!

世界で最も偉大な辛口白ワイン「モンラッシェ」を産出する二つの村「ピュリニー・モンラッシェ」「シャサーニュ・モンラッシェ」そして特級に匹敵するほど上質な白ワインを産する村「ムルソー」をはじめとする白ワインの宝庫がこのエリアです。


この南側に位置する「コート・ド・シャローネーズ」や「マコネ」地区も素晴らしいワインが存在しますが、、、やはりブルゴーニュワインと言えば赤の銘醸地「コート・ド・ニュイ」白の銘醸地「コート・ド・ボーヌ」



まずはこの2つのエリアをザックリとで良いので頭に入れておくと何かと便利です。