☆5月のおすすめコーヒー☆ブラジリアン・モカ「イバイリ」


☆☆☆5月のおすすめコーヒー☆☆☆
ブラジリアン・モカ「イバイリ」
※画像左側:小粒な豆がイバイリ種。
モカと言うとエチオピアやイエメン(モカマタリ)の豆を想像されると思うのですが、
実は両国のコーヒーは収穫されたコーヒー豆をイエメンの「モカ港」に運んで
そこから輸出していた歴史があるためにモカという総称で呼んでいるだけです。
品種的にはティピカをはじめとしる古来種や在来種なので、、、多少屁理屈覚悟で言うと、、純粋な意味での
モカ種ということになるとハワイ、マウイ島の「マウイ・モカ」かブラジル・イバイリしか存在しないのです。


このモカ種という品種は世界一小さいとされる丸豆”ピーベリー”がデカく見えるほど小ぶりであります。昔、あるブラジルの農園から輸入されたらあまりにも粒が小さ過ぎて60kg麻袋の縫い目から大量に零れ落ちてちょっとしたトラブルになったことがあるとか。なので生産者側からしますと手間暇かけて精出して作っても出来る数量はたかが知れていて、あまりの生産性の悪さから栽培を諦める生産者が多いみたいです。

しかし!コーヒーのクオリティそのものはかなり秀逸で見た目はちっちゃくて貧相なのに爽やかな明るい酸味があってサラッとした甘味が喉元を通り過ぎていく風味は同じモカでもエチオピア、イエメンのそれとはまたひと味違う楽しさを味わえるコーヒーです。


今回ご紹介予定のブラジリアン・モカ「イバイリ種」、、
実は10年以上も前に「試験栽培品」として販売されていた豆ですが、今でも試験栽培品となっているのにはちょっとビックリ!まぁそれだけ商業ベースに乗せにくいコーヒーだと言うことですね。依然は多少タマに販売してるお店もあると聞いてましたが、、今ではマウイ島とこのブラジルの試験栽培品くらいしか存在しないみたいでその意味でも貴重な豆だと思います。。
変わり種好き!というか、、、
些か尖ったお客さんが多いフレスタだからこそ購入してみました。っw!!っw!





粒の違いを比較。
画像左側:ブラジリアン・モカ「イバイリ」
画像右側:スマトラ・マンデリン

現物見るとさらに良くわかります。


早速テストローストしてみました。。
サラっ~というよりかは滑らか~~。
フルーティな酸味でなく、、、
黒蜜のような甘くてちょっとだけ後味に酸もあり、、
終始柔らかい味わいだと。。。。


あと数日テイスティングしてみて、、、
ご紹介出来そうですね。


もう暫くお待ちください。

コーヒーの淹れ方。最近の気づきシェアします。


コーヒーの淹れ方。最近の気づきシェアします。

ここ数日カウンター越しにお客さんとコーヒーの淹れ方、豆の挽き目等々お話しをしてたり、先日実際ある方の前で淹れてみたりして感じたことがあります。「豆を細かく挽きすぎ」とドリップする際「時間を掛け過ぎ」です。

ゆっくり、、、、

じっくり、、、、

丁寧に、、、、

気持ちは十分わかります。

しかしそれが仇になる事もあるんです。

豆の挽き目の件は後日改めて!!今日はドリップする時間について・・・

この位の時間で抽出しちゃってください ↓ ↓



特に男性に多く見られるのが・・・・
細かく挽いて時間を掛けて丁寧にドリップします。
一見美味しく淹れるポイントかとおもうかもですが、、
過抽出になりやすのでご注意くださいっ!!

あれっ? 美味しくない・・・

より丁寧に・・・丁寧に・・・・


これドツボにハマるパターン!!


最近美味しく淹れれないなぁ~と感じているなら


いつもより粗く挽いて、、、蒸らし→抽出スタートして1分以内で
終了してみてください。

あれ早いかなぁ~~位で良いとおもいます。

14周年を迎える前のコーヒーロースター”フルメンテ”の巻!!


14周年を迎える前のコーヒーロースター”フルメンテ”の巻!!

4/5丸一日中焙煎機メンテナンス→4/6つくばサーキットで一日中ヘルプ→夕方再びフレスタへ温度センサーの交換。
軽井沢から駆けつけてくれたヒロ君めっちゃお疲れさまでした。
自分じゃ到底出来ない箇所まで綺麗に掃除してくれたので、豆の冷却がめっちゃ早いっ!!荒野めっちゃ感動です。っw。。。
お陰様で深煎りコーヒ-も荒野のイメージする深み、苦味、旨味→後味凄くクリアなのど越し。もろイメージ通りに仕上がっております。





仕事だから・・・と言っちゃえばそれまでだけど
荒野自身もマシンをバラした経験があるからわかります。
めっちゃツラいっ!笑。 マジ大変な作業!
バラせばバラすほどドツボにハマル!!
しかしネジというネジはハズしてみたい衝動に駆られる!!
ハズした後の未来に何があるのか??見てみたい衝動に駆られる!!



お陰で現在オススメ中もエチオピアモカの深煎りコーヒー
『深モカ』
※お得な300gはコチラをクリック!

14周年記念イベントのコーヒー豆、ケニアの深煎りコーヒー
『深ケニア』(※4/中~発売予定)

美味しく焙煎できそうです。


改めてヒロ君ありがとうございました。

お疲れさまでした。。。



お客さんからの質問Q&A『深モカ』について


お客さんからの質問Q&A
より深い焙煎に適した豆ってどういうこと??


4/28で14周年を迎えるフレスタ@あらの珈琲、、その記念イベントとして先週末より販売スタートした
恒例の”年イチ企画”エチオピアモカの深煎りコーヒー『深モカ』についてのご質問がありました。

Q:「今年はより深煎りに適した豆を手に入れたと書いてあったけど、、同じモカでもまた違うの??」

A:そうなんです。また違うんです。詳しくは動画をご覧ください。↓ ↓





まだまだ発売開始したばかりですので、、、、
良かったら年イチ企画『深モカ』お召し上がりください。


※年イチ恒例の『深モカ』はオンラインストアでも販売しております。

200g購入希望の方はコチラをクリック!

お得な300g購入希望の方はコチラをクリック!


友だち追加

コーヒー豆の輝くポイントってひとつなのか??コーヒー焙煎


コーヒー豆の輝くポイントってひとつなのか??

依然業界一部の常識??となってる~~~は~~~じゃないとダメ!!
『エチオピア・モカは浅煎りにして爽やかなフレーバーと酸味が際立つポイントを愉しむコーヒー』である。それを深く焙煎してしまったらモカの良さが消えてしまう・・・実に勿体ないことだっ・・・』


未だにこういう論調を耳にするとため息が漏れてしまう。


その先の未来を知ってて仰っているのか??

些か疑問が残る。


その先をやった人にしか分かり得ない楽しみがある。

その先をやった人にしか味わえない旨さがある。

その先をやった人にしか分かり得ない幸せがある。


今までも!これからも!ずっとあらの珈琲の”肝”は・・・・
『各々のコーヒー豆の1番輝くポイントを探し出してあげる』

とはいえコーヒー各々にキャラクターがありえるわけで・・・・




色々な意見があって然り!

色々な感じ方があって然り!

だからこそジャッチしない方が良し!その代わりリスペクトすれば良し!


明日3/29(金)より恒例の”年イチ企画”『深モカ』発売開始です。


いよいよ明日3/29(金)より恒例の”年イチ企画”『深モカ』発売開始です。
今期はより深い焙煎にも耐えれるモカを入手『プレミアム深モカ』としてご案内します。


今月4/28に14周年記念を迎える恒例イベントの第一弾がこのコーヒーです。
毎年凄く愉しみにしていてくれる方多いんです。


今月3/20の師匠が来ての焙煎トレーニングでテストしました。4-5日経過してのテイスティングバッチリです。
チョコレートの苦甘さに特有のモカフレーバー。若干の酸味が旨さを引き立てますね。
昨日テイスティングして改めて自信をもってオススメできます。
ではローストからの→テイスティングの模様を↓ ↓ ↓





エチオピアモカ、、、特にイルガチェフで生産されたモカは綺麗な甘酸っぱい酸味が特徴です。ローストポイントもハイロースト(中煎り)辺りで爽やかなフレーバーが際立ってきます。そこから徐々に深くローストしていくと甘さが増してきます。しかしその分酸味も特有のモカフレーバーも弱くなります。美味しいけどキャラクターが弱くなってきますね。しかしこのコーヒー豆の不思議なところは、さらに深くフルシティロースト(中深煎りでも深め)までローストポイントをもっていくと・・・再び!!あのモカフレーバーが復活してきます。軽やかな酸味の代わりにコクと甘みが増し苦味も・・中煎りのモカフレーバーとはまた違った濃い目のモカフレーバーを愉しんでいただけるとおもいます。ここが『深モカ』の醍醐味なんです。とくに今期の原料は深煎りど真ん中までローストに耐えれるポテンシャルをもっているので深みある味わいと余韻を愉しんでいただけます。

14周年記念イベント第二弾も控えており期間限定での販売となりますので、、、、
ぜひご興味ある方はお早めにご予約頂ければ幸いです。


では今期も恒例の年イチ企画『深モカ』発売スタートします。

友だち追加




聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥


何事も・・・聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥!!
じゃありませんか??

ダメだし貰ってもいずれ良い事がありますからね・・・・




とはいえフレスタのコーヒー教室はダメ出しなんてしませんよ。
ご安心ください。っw

コーヒー焙煎。”深煎り”ほど難しい。。。これホントです。


コーヒー焙煎。”深煎り”ほど難しい。。。これホントです。

※↑の画像:せっかく師匠来たので”深モカ”攻めてみた。っw


昨日(3/20)年イチ恒例のコーヒー焙煎トレーニング。もうカレコレ8年目。
師匠から言われたこと、伝授された事全て記憶してる。
毎年この3月~4月に丸一日掛けて目が血走るほど”コーヒー浸け”になることで
確実にアップデートしてきた。

今年も例外ではなくお金では買えない価値を伝授。




巷ではコーヒーは果物!フルーツ!酸味こそがコーヒーの醍醐味。。。
浅煎りすることで品種の特性即ちテロワールが表現される。。。
浅煎りこそがコーヒーのトレンドである。



この件に関して全く否定する事でもなく、、、
銘柄によって一番輝く焙煎ポイントを探すことが我々焙煎家の仕事で
あると。。。。

なので全てが浅煎り!

浅煎りが全て!


こういうノリもどうかなぁ??とおもう。


実際2010年からコーヒー焙煎をしていて、確実に言えることは
”深煎りコーヒーの焙煎”はめちゃくちゃデリケートで難しい。
少しでも弱気きになったり・・・
逆に強気で攻めすぎたり・・・
油断した途端終わりをむかえる。。。

断っておくが、、荒野が言ってるのは”ホンモノ”の深煎りコーヒーに
限ってのはなし。。。決して苦味は有るが酸味も有るような豆とは違う話し。



ブラジル、コロンビア、マンデリン、エチオピアと昨日も数銘柄”攻めた”深い焙煎を・・・

途中経過、、、最後の仕上げをチェックして貰いながら。。。。

11月のつくばコーヒーフェスティバルまでには確実に
アップデートしたいですね。ていうかします!

※フェスティバル開催はあくまでも荒野の願望?希望?ですが、、、




PS:あなたのお望み通り来月モカの深煎り『プレミアム深モカ』を
焙煎します。





コーヒーの風味は何で決まる!「豆の挽き目」で決まる!

コーヒーの風味は何で決まる!あなたは知ってますか?その3
~~「豆の挽き目」で決まる!~~



————————————————————————————-
はじめは安価なミルでOKです!
————————————————————————————-
◆手挽きミル
より値段が安いのは2,000円台程度~から選べます。安価でもそれなりに挽くことができるので、「いつもはコーヒーを粉で買っているけれど、一度、挽きたての味を実感してみたい」という人は、まずはなるべくお手頃な手挽きミルを買うのをおすすめします。とはいえアウトドア用の小さくて細いミルだと逆にやりずらいかもです。経験上テーブルに置いて安定感あるものが良いとおもいます。※カリタやハリオの木製の手挽きミルあたりがオススメです。

もちろん、高価なモデルも存在します。値段の違いは、豆を挽いたときの粒度(粒の大きさ)の均一性です。どんなミルでも、豆を挽いたときの粒の大きさにはばらつきが生じます。このばらつきが多すぎると、自分が望む味や香りを実現するのは難しくなるため、できるだけ均一であることが求められます。高価なミルは、刃の作りや機構の精密さによって粒度のばらつきを少なくすることができます。

さらに高額ミルには、微粉の出る量が少ないというメリットがあります。微粉というのは、豆を挽くときに発生する非常に細かい粉のことを指しますが、この微粉は少ないほうがコーヒーの抽出がしやすいですね。より味わいがクリアになったりと・・・

高価な手挽きミルの代表選手「ザッセンハウス」@ドイツ。
挽き心地が違いますよ!サクサクっと!!違うんだなぁ・・・・


とはいえまずは・・・

これで十分 「カリタコーヒー手挽きミル」
このミルならフレスタでも3500円代で販売してます。

————————————————————————————-
お手頃なプロペラ式は使い方が肝!!
————————————————————————————-

手挽きミルの次に欲しくなるのが電動グラインダーですよね。
手挽きミルでいちばん不満を持たれるのが、「挽くのが大変」というところです。例えば、3人でコーヒーを飲む場合、そのたびに30~40グラムの豆を手回しでゴリゴリ挽くわけです。「挽き立ては旨いっ!」けど、、けっこう大変っちゃ大変に感じる方も多いです。その点、電動グラインダーであれば、まとまった量の豆を短時間で力を使わず挽くことができちゃいますからね~。



電動グラインダーで最もお手頃なのはプロペラ式の刃が付いているタイプ。料理で使うキッチンミルとほぼ同じタイプで、3000円~くらいから手に入ります。

ただし、このタイプは挽く前に粒度の設定ができないので、挽く(プロペラ刃を回転させる)時間の長さで調整するしかありません。粒度は時間が短いほど大きく、長いほど細かくなります。また、プロペラ刃への豆の当たり具合にばらつきが出るため、粒度の均一性も取れません。

つまり、挽くたびに粒度が変わりやすく、均一性も取りにくいため、毎回同じ条件でコーヒーを淹れるのが難しくなるのです。

なので正直オススメしてませんでした。。。
とはいえ既にプロペラ式のグラインダーを持っているという人も居るし、、、
最近改めて自分でも使ってみたら、やはり早いっ!、し使い方次第で十分イケるなぁ~と感じてます。


特に以下の2つの点を実践してみると上手くいきやすいです。
やってみてください。↓ ↓


1つは、挽いている最中に、本体を軽く上下に振ることで、豆をできるだけムラなくプロペラ刃に当ててやること。もう1つは、目的の粒度になるまでの秒数をきちんとご自身で把握することです。挽く時間が毎回違うようでは、同じ挽き目を得ることはできませんからね。
この2つができれば、プロペラ式でもかなり良い感じに挽けますよ!!
↓の動画も参考にしてみてください。





コーヒーの風味は何で決まる??あなたは知っていますか?


コーヒーの風味は何で決まる??
自宅で美味しいコーヒーを飲むための「コーヒー豆の挽き目」。
コーヒー豆のひき具合で、コーヒーの濃度は変わります。

コーヒーを淹れるとき、粉にする理由ってあなたは知ってますか?

コーヒー豆の中にはハニカム(蜂の巣状)構造の部屋が無数にあり、その1つ1つにコーヒーの成分が収まっています。コーヒーを淹れるとき、コーヒー豆を挽いて(粉砕して)粉にしてからお湯を注ぐのは、無数に連なるハニカム構造の部屋の壁を破壊することで、中にあるコーヒーの成分とお湯とを触れ合いやすくするためです。



なので逆に言うとコーヒー豆は挽いたときから急速に劣化が進みます。
※お米の精米と同じようなモノです。
で!!劣化には2つの面があって、1つは酸化、もう1つはコーヒー豆に含まれるガス(Co2)と一緒に
香りの成分も抜けてしまうことです。

もちろん豆の状態でも酸化、風味が抜けるは起りますが、、、
豆から→粉の状態に粉砕されると、その表面積は豆の状態と
比較して1,000倍近くにまで広がってしまう。
それだけ広い面積に対して酸化(風味の劣化)とガス抜け
(香り抜け)が起こりやすくなります。


粉にしたものを買ってきてすぐはいい香りがして、淹れるとおいしかったコーヒーの粉が、
1週間、2週間と日にちが経つにつれてどんどん香りがなくなって、、風味も弱くなる理由は
ここにあります。ー豆を買うときに、「豆のままか、粉に挽くか」と聞かれる際、
酸化や香り抜けが起こりにくいという意味でいえば、断然豆のまま!!がベター。


とはいえフードプロセッサとかプロペラ式電動ミルあたりで適当に挽く位なら・・・
フレスタの500000円するグラインダーで挽いた方がベター!!っwww



次回は挽き目についてお話しをしていきます。
ではまた・・・